ジュニアNISAについて

未成年者のNISA口座開設がスタート ジュニアNISA

平成28年1月から口座開設申込み受付開始、4月から投資可能

ジュニアNISAのイメージ

ジュニアNISAのポイント

  1. 1.子どもの将来に向けた資産運用のための制度
  2. 2.日本に住む0~19歳の未成年者が口座開設できます。(親権者等が代理で資産運用を行うことができます。)
  3. 3.投資上限額は、毎年80万円まで(5年間で最大400万円)
  4. 4.非課税期間はNISAと同じ、投資した年から5年間
  5. 5.投資額からの収益(売却益・配当等)は非課税
  6. 6.20歳以降は自動的にNISA口座が開設されます。

ジュニアNISA制度のイメージ

ジュニアNISAの留意事項

  1. 1.口座開設者が18歳(注1)になるまでに、ジュニアNISA口座から払出しを行う場合は、過去の利益に対して課税され、ジュニアNISA口座を廃止することになります。(注2)
    1. 注13月31日時点で18歳である年の1月1日以降
    2. 注2災害等やむを得ない場合には、非課税での払出しが可能(このときもジュニアNISA口座を廃止することになります。)
  2. 2.ジュニアNISA口座は、1人1口座。
  3. 3.ジュニアNISA口座開設後は、金融機関の変更ができません。(廃止後の再開設は可能です。)
  4. 4.ジュニアNISA口座において投資できる金融商品や受けられるサービスは各金融機関によって異なりますので、ジュニアNISA口座申込みの際の金融機関の選択に当たってはよくご検討ください。
  5. 5.収益(売却益・配当等)が発生しても非課税となりますが、損失が発生してもその損失はないものとみなされます。(損益通算や損失の繰越控除はできません。)
  • 夢をつなごう 岡三証券グループ
  • 証券取引等監視委員会 情報受付窓口 0570-00-3581
  • 証券統計ポータルサイト
  • 投信総合検索ライブラリー