投資顧問業務

プロダクトラインナップ

多様化する年金等の機関投資家の皆様の資産運用ニーズにお応えすべく、幅広いプロダクトをご提供いたします。インハウス運用のプロダクト及び定評のある海外の運用会社との提携により、相場の様々な局面において高い付加価値を生み出すプロダクトのご提供を目指します。

国内株式
  • 絶対収益追求型運用(ウエイトコントロールタイプ、フルインベストメントタイプ)
  • 収益追求型運用
外貨建債券
  • 先進国高格付ソブリンオープン(アクティブ為替ヘッジ)
  • 新興国ソブリンオープン(クロスヘッジ)
  • 米国国債ラダー型カバード・コール戦略
オルタナティブ運用
  • マルチ・オルタナティブ運用
  • 保険リンク証券
  • 日本株式マルチ・マネージャー運用

投資一任契約および投資助言契約について

リスクについて

投資一任契約および投資助言契約に基づくお客様の運用成果は保証されているものではありません。したがって、組入れた有価証券等の価格の下落等の影響により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
投資一任契約および投資助言契約の締結は、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。また、必ず事前に、契約締結前交付書面等の内容をご確認いただきますようお願い致します。

投資一任契約および投資助言契約に基づく運用指図及び運用助言については、主に次に掲げるリスクがあります。但し、リスクは当該リスクに限られるものではありません。

  • 株式、REIT、デリバティブ等の価格変動リスク
  • 金利変動リスク
  • 為替変動リスク
  • 信用リスク
  • 流動性リスク
  • カントリーリスク
  • 銘柄集中リスク 等

投資顧問契約(投資一任契約)の費用

お客様が直接的に負担する費用
投資顧問料 投資顧問料には、「定額報酬型」と「実績報酬型」があります。
  • いずれかを選択することができます。
定額報酬型 契約資産額×上限1.08%(税抜1.0%)
  • 契約資産の性質及び運用方法等に応じて適用料率は異なります。
  • 契約資産額に応じて適用料率は異なります。
実績報酬型 「固定報酬部分」+「実績報酬部分」
固定報酬部分=定額報酬型の投資顧問料×上限40%
実績報酬部分=収益×上限21.60%(税抜20.0%)
  • 実績報酬部分の収益とは、実現利益+評価損益(当期発生分)+未収収益(当期発生分)をいいます。
お客様が間接的に負担する費用
  • 有価証券等の売買に係る売買委託手数料
  • 契約資産に関する租税、外国における保管手数料、信託事務の処理に要する諸費用
  • 契約資産の管理及び運用を目的として受託銀行と締結する信託契約に対する信託報酬
  • 投資信託等を組入れる場合には、投資信託等の信託財産に係る信託報酬、監査費用、税金、その他諸費用等がかかる場合があります。
  • これらの費用は運用状況等により変動するため、事前に料率・上限額等を示すことはできません。
  • お客様の負担となる費用につきましては、運用状況等により変動する費用があることから、事前に合計金額もしくはその上限額またはこれらの計算方法を示すことはできません。

投資顧問契約(投資助言契約)の費用

投資顧問料は、契約内容に応じて個別案件ごとに決定します。
したがいまして、事前に合計金額もしくはその上限額またはこれらの計算方法を示すことはできません。

問い合わせ先

岡三アセットマネジメント株式会社

事業内容:
投資運用業、投資助言・代理業及び第二種金融商品取引業
登  録:
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第370号
加入協会:
一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会
お問い合わせ部署:
投資顧問営業部
E-mail:
toshikomon@okasan-am.co.jp
  • 夢をつなごう 岡三証券グループ
  • 証券取引等監視委員会 情報受付窓口 0570-00-3581
  • 証券統計ポータルサイト
  • 投信総合検索ライブラリー