ラップ・アプローチの魅力1

魅力1バランスよく、安定した成長のために、いろいろな資産に分散して投資する

  • 複数の資産に分散して、組合わせて運用する「分散投資」は、安定した値動きとなる傾向があります。
  • 複数の資産に分散する場合、資金が必要で、かつ資産配分が難しいと考えられています。

投資対象8つの資産に、分散して投資

リスクを
コントロール
資産を組合わせ、リスクをコントロール

例えば、(1)値動きの小さい資産と(2)大きい資産に半分ずつ投資した場合、値動きの幅は(2)より小さくなります。

ラップ・アプローチの情報(基準価額、レポート、販売会社など)

ラップ・アプローチ(安定コース)
ラップ・アプローチ(安定成長コース)
ラップ・アプローチ(成長コース)
  • 夢をつなごう 岡三証券グループ
  • 証券取引等監視委員会 情報受付窓口 0570-00-3581
  • 証券統計ポータルサイト
  • 投信総合検索ライブラリー