ラップ・アプローチの特色

特色1国内外の株式、債券および不動産投資信託証券に分散投資

  • 複数の投資信託証券への投資を通じて、実質的に国内外の株式、債券および不動産投資信託証券(以下、「リート」といいます。)を投資対象資産として分散投資を行います。
  • 投資信託証券の組入比率の合計は、高位を保つことを基本とします。
  • 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

ファンド・オブ・ファンズ形式

特色2「安定コース」、「安定成長コース」、「成長コース」から選択

  • 目標のリスク水準を3段階に設定し、リスク水準ごとに「安定コース」「安定成長コース」「成長コース」の3つのファンドで構成されます。
  • 各投資信託証券への配分は、目標とするリスク水準を設定し、各投資対象資産の長期の期待リターン、相関性等をもとに決定します。
    また、各投資信託証券の投資信託財産の純資産総額に対する比率は、上限を80%程度、下限を3%程度とします。

特色3世界で活躍する、プロによる助言

各投資対象資産の投資比率に関して、イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社から投資助言を受けます。

  • 投資助言者、投資助言の内容、投資助言の有無については、変更する場合があります。

イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社について

イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社は、アセットアロケーション(資産配分)を中核にすえた投資コンサルティング、SMA、ファンドラップ運用で実績豊富な独立系の投資運用会社です。

  • 資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

ポートフォリオ構築プロセス

  • ポートフォリオ構築プロセスは、変更になる場合があります。

ラップ・アプローチの情報(基準価額、レポート、販売会社など)

ラップ・アプローチ(安定コース)
ラップ・アプローチ(安定成長コース)
ラップ・アプローチ(成長コース)

日本好配当割安株オープンマザーファンド

運用方針

  • 国内の上場株式を投資対象とします。
  • 収益性、成長性、業績の変化率等から割安と判断され、株価の上昇が期待できる銘柄へ投資します。
  • 組入株式全体の予想配当利回り(加重平均)が、市場平均(加重平均、今期予想ベース)を上回るようポートフォリオを構築します。

GIM海外株式・ダイナミック・ファンドF(適格機関投資家専用)

運用方針

  • 世界(日本を除く)の株式等を投資対象とします。
  • MSCIコクサイ指数(税引後配当込み、円換算ベース)と連動するパフォーマンスになるように運用します。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。
  • 運用会社は、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社です。

GIMエマージング株式ファンドF(適格機関投資家専用)

運用方針

  • 新興国で上場または取引されている株式等を投資対象とします。
  • MSCIエマージング・マーケッツ・インデックス(税引後配当込み、円換算ベース)と連動するパフォーマンスになるように運用します。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。
  • 運用会社は、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社です。

国内債券マザーファンド

運用方針

  • 国内の公社債を投資対象とします。
  • NOMURA-BPI総合を参考指標として、ポートフォリオを構築します。

NOMURA-BPI総合(NOMURA-ボンド・パフォーマンス・インデックス総合)の著作権等について
NOMURA-BPI総合は、野村證券株式会社が公表している、日本の公募債券流通市場全体の動向を的確に表すために開発された投資収益指数で、その知的財産権は野村證券株式会社に帰属します。
野村證券株式会社は、NOMURA-BPI総合の正確性、完全性、信頼性、有用性を保証するものではなく、ファンドの運用成果等に関して一切の責任を負うものではありません。

世界高金利債券マザーファンド

運用方針

  • OECD加盟国のソブリン債(取得時においてA格相当以上の国債、政府保証債等)を投資対象とします。
  • 世界を3つの通貨圏(北米、ヨーロッパ、オセアニア)に区分し、それぞれ1/3程度ずつ投資して安定的な利息収入の確保を目指して運用します。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。

GIM FOFs用新興国現地通貨ソブリン・ファンドF(適格機関投資家専用)

運用方針

  • 新興国の政府または政府機関の発行する債券等を投資対象とします。
  • 保有する債券の平均格付けは、BB-またはBa3以上に維持し、安定的かつ高水準の配当を確保することを目指して運用します。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。
  • 運用会社は、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社です。

Jリート・マザーファンド

運用方針

  • 国内の上場不動産投資信託証券を投資対象とします。
  • 運用について、株式会社三井住友トラスト基礎研究所から不動産市場全体と日本のリートに関する調査・分析情報等の助言を受けます。

適格機関投資家私募アライアンス・バーンスタイン・コクサイ・リート・ファンド

運用方針

  • 世界(日本を除く)の上場不動産投資信託証券等を投資対象とします。
  • 高水準の利回りが期待でき、長期の収益力に対して割安に放置されているリート等に投資します。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。
  • 運用会社は、アライアンス・バーンスタイン株式会社です。
  • 夢をつなごう 岡三証券グループ
  • 証券取引等監視委員会 情報受付窓口 0570-00-3581
  • 証券統計ポータルサイト
  • マイナンバー 社会保障・税番号制度